御挨拶(MESSAGE)

photo

 熊谷市の中心市街地(まちなか)は熊谷駅周辺のほか、熊谷寺、髙城神社などの歴史、文化的資源とともに戦災復興土地区画整理事業等により整備された街路、星川、公園など都市インフラも充実しておりますが、時代の変化の中で徐々に空き店舗空き地が目立つようになっており活性化が急務として中心市街地活性化基本計画が策定されました。㈱まちづくり熊谷は、中心市街地活性化基本計画に基づき、熊谷市、熊谷商工会議所および企業の出資により2014年に設立されました。今後もまちづくり協議会の一員として与えられた役割を果たしてまいりたいと願っております。

 熊谷駅には上越新幹線・北陸新幹線・JR高崎線および秩父鉄道が乗入れ1日の平均乗車人員4万人規模で推移しております。一方、熊谷貨物ターミナル駅、国道17号、125号、407号なども広域経済を支えております。RESAS(地域経済分析システム)では熊谷市の地域経済循環率122.3%(2013年)であり、県内の市では最も高く経済自立性に優れた地域と言えます。このような熊谷市の強みを活かし産業振興施策の不断の取組みとともに人口減少時代にあって、交通利便性を活かし、観光・ビジネス・学習等での来訪者増加への取組みがまちなかの活性化にもつながっていく有効な施策と考えております。

_陸上競技場、ラグビー場、ドーム等を備えた熊谷文化スポーツ公園の年間利用者は100万人を超えます。市内の野球場やサッカー場など各種スポーツレクレーション施設等の利用者も大勢おります。利根川、荒川の広大な河川敷および堤塘、南部の比企丘陵などは時期折々に美しい風景となります。埼玉県では建造物として唯一の国宝歓喜院聖天堂をはじめとする多彩な文化財やうちわ祭など見どころ満載の都市です。さらに、全国うどんサミットは2018年と2019年に、ラグビーワールドカップは2019年に開催されます。

 「スポーツ観光都市」を掲げる熊谷市や埼玉県、国などの行政機関、熊谷市観光協会、熊谷商工会議所、熊谷市商店街連合会、くまがや市商工会などの各種団体、立正大学等の学術機関等と連携協力し、まちなかの活性化に向け取組んでまいる所存でございます。よろしくお願いいたします。

株式会社 まちづくり熊谷
代表取締役社長 藤間 憲一

 

活動理念

aisatsu

「熊谷再興」のために、住んでいる人、事業所、そして、そこで働く人々から常に信頼される“まちづくり会社”として地域活性化の実現に貢献します。

1 グランドデザイン

・まちなかに対する思いは人それぞれです。経済と文化の苗床であり、熊谷の顔、ふるさとの誇りでもある中心市街地は、就労、消費、遊び、生活の場でもあり、重層的な場です。皆様の想いをグランドデザインとして描きます。

2 人がつながる元気なまち

・まちづくりは人づくり。徹底した情報発信により、人と人のつながりを重視し、まちなかで活動する多彩なプレイヤーを育成し元気なまちづくりを進めます。情報が開かれることにより便利になるだけでなく、市民の安全にもつながります。

3 公共・公益・収益

・停滞、縮小する社会構造の変化を踏まえ、新陳代謝、資金循環の仕組みを構築し、まちに「来る人、住む人」を増やすための「公共・公益・収益」事業を行います。事業実施に当たっては、民間主導・市民参画、行政参加を基本とします。

4 未利用資源の有効活用

・商工会議所の持つ情報や人脈、市の公平性や信頼感を背景に、遊休不動産の新陳代謝を促す仕組みを作ります。

5 挑戦

・株式会社まちづくり熊谷は、まちなかの活性化に向けたより良い土壌づくりのため、収益に向けた可能性を探らなければなりません。社会実験・試行を通した市場調査を実施し、5W2Hを明確化した評価に基づき事業化します。

 

施策の概要

1 平成29年度の主な事業

  1. まちなか回遊性向上事業
  2. ふるさと納税返礼品事業
  3. その他まちなか活性化に資する事

 

会社概要

会社名  

株式会社まちづくり熊谷 Machi-dukuri  KUMAGAYA Co.,Ltd

所在地

〒360-0041 埼玉県熊谷市宮町二丁目39番地 熊谷市立商工会館3階2号室

アクセス

熊谷駅より徒歩15分

※お車の方は、熊谷市役所の駐車場を利用できます。

連絡先

TEL:048-501-8855 FAX:048-501-2888

E-mail: machi-dukuri_kumagaya@silk.plala.or.jp

設立登記

2014年6月2日

資本金

1,500万円

発行済株式数

300株

株主数

9者

役員構成

代表取締役 藤間 憲一

取締役 大久保 和政

取締役 栗原 良太

取締役 佐藤 良孝

取締役 嶋野 正史

取締役 松本 邦義

監査役 本塚 雄一郎

監査役 松本 光弘

従業員数

2名

業務時間

午前8時30分から午後5時15分

休業日

土、日、国民の祝日、年末年始(12月29日から翌年1月3日まで)

 

このページの先頭へ